×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チョークアートとは?

チョークアートは、1990年にオーストラリア人女性アーティスト「モニーク・キャノン」が考案した近代アートです。
カフェのメニューボードして登場し注目を集め、独特な色使いと存在感で現在
ではメニューボードをはじめ、看板、インテリアやネームプレートなど様々な媒体で見かけるようになりました。
オイルパステルを使い、ブラックボードに色を重ねて指でぼかし、濃淡をつけ立体
感を出していきます。
触っても消えないように加工を施し、サインがはいれば「チョークアート」の
完成。モニーク・キャノンの元から広がったチョークアートは世界中で見かけられるようになり、目を引く印象的な作品の数々は街や家で人々の心を潤し続けています。

チョークアートのCountry Bearについて

チョークアートのCountry Bear (代表:小林 裕子)はモニークスチョークアート協会認定のチョークアーティストです。
モニークチョークアートの表現方法を大切にしながら、見ているだけで心が和むような画風で心を込めて特別な1枚を作成いたします。

メニュー看板・ウェルカムボード・ペットの似顔絵・似顔絵等ご希望に合わせて
あなただけの特別な1枚を心を込めてお作りいたします。